社内研修/スタッフ紹介│大阪の訪問看護ステーションアユース、アユースWESTの経験豊富なスタッフと社内研修のご紹介。

社内研修/スタッフ紹介

社内研修

アユースWEST

事例検討会(月1回)

担当している利用者について、事例を出し話し合います。他の看護師や管理者、専門看護師(CNS)の意見を聞き、担当者の困っていることに対して解決策を見い出したり、担当としての様々な思いを共有します。そのことで担当の看護師は自分が行っているケアの確認やプランの修正ができ、担当者としての気持ちの負担を軽減できます。

専門看護師(CNS)による勉強会

ストレングスモデルや疾患についての勉強会を月に1回行っています。発達障がい、気分障がい、人格障がい、家族支援の方法などその時必要な知識についてできるだけリアルタイムで学べるような体制を作っています。

専門看護師(CNS)によるケース相談・家族支援

担当が依頼をすることで、事例に関する具体的な指導を受けることができます。

外部研修の伝達講習

  • 個人情報の取り扱いについて
  • 人権研修
  • 接遇
  • 感染予防
  • 看護倫理
  • 精神薬について
  • 認知症のケアについて
  • フィジカルアセスメント
  • 精神科訪問看護療養費について

教育・育成研修

  • CVPPP
  • ハラスメント研修
  • 人権研修
  • 管理職研修
  • リーダー研修
  • 主任研修
  • WRAP研修
  • SST

2018年7月WRAP集中クラス参加者

研修の様子

地域連携

地域の精神保険福祉ネットワーク会議への参加。

地域開催の勉強会参加

ページTOP

明確な目標に向かったクリニカルラダーシステム

訪問看護ステーションアユースでは、独自に開発したクリニカルラダーシステムを導入しています。

専門知識や技術を段階的に身につけられるように計画した評価シートから、キャリアアップを目指していきます。

ページTOP

スタッフ紹介

アユースとアユースWESTには、個性も経験も豊かなスタッフが多数在籍しております。
どのスタッフも、ご利用者様にとって最適な生活が送れるよう、丁寧なサービスの提供を心掛けております。
アユース、アユースWESTに所属するスタッフをご紹介しますので、ぜひご参照ください。

アユース
     
  • 森木

    アユース 森木

    一般科病棟で7年勤務していましたが、もっと一人一人に向き合える時間があればという葛藤から思い切って転職しました。アユースは子育て世代が多いためか、皆で協力しながら家庭も仕事も大事にできる職場だと思います。現在は短時間勤務をとりながら勤務しており、充実した日々を送っています。病棟で感じていた葛藤はなくなり、やりがいを感じる日々ですが辛いこともあります。そんな時でも支えてくれるスタッフやご利用者様の笑顔のお陰で頑張ろうと思えます。ご利用者様や自分自身にしっかり向き合い、ご利用者の夢や希望、こんなふうに生きたいという思いに寄り添い伴奏できるような支援を目指しています。これからも訪問看護を続けたいと思います。

  • 中島

    アユース 中島

    住み慣れた在宅において利用者様の思いを主体とし、生活のありのままに寄り添うといった訪問看護の仕事に看護学生の頃より漠然とした興味を抱いていました。その後の精神科病棟勤務の経験の中でその思いも強くなり、大阪への転居をきっかけにアユースに入職させていただきました。実際の訪問看護の仕事は思っていた以上に奥深いものでありますが、日々の利用者様やスタッフとの関わりを通じて、これまで以上の多くのことを学ばせていただいております。今後も訪問看護が単に私自身のやりがいや自己満足に終わることなく、利用者様にとっての満足や可能性の拡大に繋がるように携わっていきたいと思います。

  • 針辻

    アユース 針辻

    平成27年4月からアユースに入職しました。看護師になり10年以上になりますが、病棟しか働いた事がありませんでしたが、7年前に初めて訪問看護を経験しました。やりがいとして、利用者さんとしっかり向き合える事や訪問日を楽しみにしている方もいるので、充実した日を過ごせています。これからは、利用者さんの夢や希望が叶うように一歩一歩一緒に前へ進んでいきたいと思います。訪問看護は1人で訪問する事が多く、困った事や疑問に思う事があれば、仲間が意見や助言をくれるので、安心感と心強さを感じながら働いています。

  • 美濃

    アユース 美濃

    【産休・育休中】看護師の美濃です。アユースで働きだしてからは、地域で生活していく中で、相談できる人がいるだけで心強いと感じてもらえるような存在になりたいと常々考えながら訪問看護を行っています。 一人で悩んでいて煮詰まることも、一緒に悩み、考えることで良いアイデアがでることもあると思います。またリカバリーの視点から、利用者さんが「○○してみたい!」と夢を語ってくだされば、夢の実現のために寄り添い支えていけたらいいなと感じています。訪問看護を毎週楽しみにしてもらえるような訪問をこれからも実践していきたいです。よろしくお願いします。

  • ​前川

    アユース ​前川


    ​平成28年9月よりアユースに入職しました作業療法士の前川です。趣味はスポーツジム通いです。
    ​高槻にやって来て約5年。私はこれまで精神科作業療法、訪問看護に携わってきました。今は入職後間もなくバタバタとした日々を送っていますが、
    ​職場の雰囲気も良く先輩方に支えられ楽しく働くことができています。訪問看護の魅力はご利用者様一人一人と密に関われることです。持ち前の体力を活かし、
    利用者さんが望む生活に近づけるようニーズに応じた支援ができればと思います。

  • ​​清水

    アユース 清水

    ​今年7月入職しました、清水と申します。
    ​ また要領があまりよくないので周りのスタッフの方々によく助けられています。
    ​自宅で有意義に過ごせるよう少しでもお手伝いが出来ればと思い日々スマホを駆使しながら安全運転で訪問しております。
    ​自分では気づかないのですが声が小さいようでよく「えっ?」と聞き直されますが話を聞くことはよく聞くよう心掛けています。
    気軽に話しかけていただければと思います、よろしくお願いいたします。

  •                           
  • 木村

    アユース 木村

    精神科訪問看護では、多くの方々の生活の様子を見させていただきます。時には玄関先でのみお会いすることもありますが、その人らしさを大切にしています。病院では退院することが目標だったりしますが、在宅では、どう生活していくのか人生をどう生きていくのかといった大きな目標へとかわります。そこにご本人だけでなく家族や他の支援者とも協同しながら時に一緒に考え、少しずつ積み上げていくのをサポートするのが私たちの仕事だと思っています。

  • 古賀

    アユース 古賀

    【産休・育休中】平成28年4月より光愛病院で働きだし、6月よりアユースに異動となりました。精神科は始めての勤務となりますが、一般病院で12年勤務していました。
    身体面ではみなさまのお役に立てると思います、精神面では訪問中少しでも楽しく、来てもらってよかった。 と思ってもらえる時間になるように頑張りたいと思いますので、
    よろしくお願いします。 出身は山形です。関西弁が不自由ですが、気にせず声をかけてください。

  • 高橋

    アユース 高橋

    初めまして、高橋と申します。精神科病棟の勤務は少ししかなく、他科経験 の方が多いので、精神科の訪問看護は少し不安がありました。入職後まず、時 間内に利用者様宅に到着するための道を覚えるとゆう壁にぶつかり、日々、地 図とのにらめっこしています、早く、道順や職場に慣れ、利用者さんに信頼され、 その人らしい生活が営めるようお手伝いできる看護師を目指しています。ちなみに趣味は野球観戦です。

  • 稲豊

    アユース稲豊

    平成29年4月からアユースに異動となりました稲豊と申します。 これまでは一般科病棟での勤務がおもな臨床経験ですが、中には認知症や精神障害を抱えていらっしゃる患者さんの看護も担当させていただきました。身体の病気の回復だけではなく、一人ひとりの自立性の回復を通して、その人らしい生活が出来るよう支援する大切さ、難しさを痛感しました。患者さんが病院から在宅に復帰され、どのように在宅で生活されているのかを見てみたいと思い転職しました。 入職して二か月で、わからないことや学ぶこともたくさんありますがスタッフの皆さんがいつも優しく教えて下さり、また支えて頂く中で毎日楽しく働くことが出来ています。 これからは今までの経験を活かすとともに、利用者さんの声に耳を傾け、心に寄り添えること、また笑顔で自分らしい生き方を見出していただけるよう支援させていただければと思います。

  • 池田

    アユース池田

    平成29年4月に入職しました池田です。精神科経験はありますが、病棟経験しかなく初めての訪問看護にまだまだ困惑している日々を送っています。一人一人ともっと向き合って話をしていきたいという思いから訪問看護の領域に転職しました。 初めて地域で生活されている利用者さんと関わって、たくさんのことを学ばせて頂いています。やっと運転にも慣れてきてやりがいも感じ始めてきた今日この頃です。利用者さんの希望に寄り添い、一緒に前へと進んでいける支援ができたらと思います。

  • 油井

    アユース 油井

    看護師の油井です。看護師を経験してあっと言う間に長い年月が経ちました。病棟勤務を経て訪問看護の世界へ。長いこと看護師を務めつつありますが今に至っても先輩はもちろんの事、後輩や学生さん、利用者さんのおかげで日々学ぶことや新しい発見に関しては尽きることなく務めることが出来ております。辛いことも少なくないですが、長く勤めていてもいつまでも楽しくて、この仕事が好きなんだなと言うことを実感しています。これからも自分を高め学びの姿勢を忘れることなく看護の世界に住み続けたいと思っております。趣味はスポーツが好きで、格闘技を中心としたトレーニングをよくしています。休みの日は買い物に出かけたりと。こんなことで自分自身のモチベーションを保ちつつ一日一日を大切にさせて頂いています。今後ももちろんそんな自分を保ちながら利用者様一人一人の自分らしい生活と言うものをフォローしつつ、利用者様の求める今後の事に関われればいいなと思っています。これからも全力投球で頑張ります。

  • 吉田

    アユース 吉田

    光愛病院では急性期病棟で3年、亜急性期病棟で半年勤務した後に、平成29年8月に訪問看護ステーションアユースに異動となりました。その前は、一般科の急性期病棟で3年働いていました。訪問看護は初めてで、わからないことがあれば周りの先輩に支えられながらの日々を送っております。  訪問看護師として、利用者様の声に耳を傾け、希望に寄り添うことで、その人らしい生活が送ることが出来るよう支援できたらと思います。これから、よろしくお願いします。

  • 久司

    アユース久司

    H29年6月にアユースに入職させていただきました。 精神科経験は病棟での3年しかなく精神科の訪問看護の経験は初めてで、毎日先輩に教えていただきながら勉強させていただくことばかりです。 在宅生活を送っていく中でのサポートや、見守っていくことの大切さなど利用者様一人一人に個別性があり、訪問看護の方向性に悩むことばかりです。しかし病院勤務では経験できないことも多く、新たな気持ちで楽しく働かせていただいています。 訪問看護の仕事に慣れるまで、様々な方にお手数やご迷惑をおかけすると思いますが、自分のできることを精一杯頑張り、仕事にも慣れていきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

  • 高島

    アユース 高島

    このたび、「訪問看護ステーション アユース」に入職した髙島と申します。 生まれも育ちも、大阪です。大学生の4年間は、広島に住んでいました。 食べることが大好きで、好きな食べ物は「焼き肉」です。 今までは、病棟に勤務していたので、訪問看護や精神科の経験はありませんが、自分がしてみたかった仕事に従事できるので、入職できて嬉しく思っています。 利用者様の支えとなれるよう、頑張りたいと思っていますので、よろしくお願いします。

  • 黒部

    アユース 黒部

    平成29年8月より入職いたしました黒部です。以前は精神科の亜急性期病棟に勤務しておりました。病院を退院され精神疾患を患いながら社会の中で生きる利用者様の人生は途切れることなく一本の線でつながっています。たとえ生活の場所が変わっても、一人一人が穏やかに安心して環境や自分自身と向き合えるよう、個別性を尊重した支援を継続していきたいと考えます。私自身、訪問看護の仕事は初めてです。一人一人の利用者様について、各部署と連携をとりながら、丁寧な対応を心がけていきたいです。宜しくお願い致します。

  • 町

    アユース 町

    平成29年4月より光愛病院で3か月勤務し、7月よりアユースに異動になりました町と申します。何もかもが初めてのことばかりでアタフタしている毎日ですが先輩方が優しく丁寧に指導してくださり、充実した時間を過ごしております。利用者様には私が教えていただくことばかりで、刺激のある毎日です。利用者の皆様が自分らしく生活できるように少しでも役に立つことができたらと思います。よろしくお願いします。

  • 竹之内

    アユース 竹之内

    平成29年5月に入職しました竹之内と申します。 これまでの精神科病棟勤務の中で、長期入院や再入院の多さを目の当たりにし地域支援の あり方に関心を持ちました。訪問看護を始めてみて、利用者様をとりまく環境と多様化する価値観の中での「その人らしさ」ということを考えさせられる毎日です。アユースの相談しやすい雰囲気と充実した研修体制はとても心強いです。 これから、利用者様と共に悩み共に喜び合いながら成長し合える関係作りを大切に、常に笑顔と広い視野でのサポートを心がけていきたいと思っております。

  • 和田

    アユース 和田

    看護師の和田です。これまでは精神科の病棟経験しかなく、訪問看護は初めてですが経験豊富な温かい先輩方に支えてもらい学びの多い充実した毎日を送っています。これまでの病棟看護では管理的な関わりも多く、一人一人の個別性に合わせた過ごし方を支えるには限界があり違和感も感じていました。今後は地域で利用者さんがどうしたらもっと暮らしやすくなるのかを一緒に考え、その人らしく過ごしてもらえることが私たちの喜びだと思います。私自身は趣味も特技もないのでどんなジャンルでも吸収していきます。また利用者さんのいろいろなお話を聞かせてもらうことが楽しみにもなっています。今後は利用者さんに「訪問看護で相談しよう」と思っていただける存在になれたらと思っています。よろしくお願いいたします。

  • 天辰

    アユース 天辰

    H29年11月にアユースに入職しました天辰と申します。 私は、卒業後すぐに精神科病院に4年勤務しました。精神科看護はとてもやりがいがあったのですが、一般科も経験したく、その後総合病院で15年勤務しました。今回、精神科病院での思いと、地域で一人ひとりの患者さんと長く向き合って支えたいと思いから、この仕事に結びつくきっかけになりました。 働き始めて1ケ月たち、その間先輩看護師さんと同行訪問を重ねたのですが、いざ自分一人での訪問となるかと思うととても不安で、休みの日には高槻市内を車で走り、訪問宅の経路を確認したりしています。仕事で車を運転することに、今まで経験にない緊張感を持って頑張っています。 訪問看護は利用者様の住み慣れた自宅で「生活を守る」ということが大きな役割ではないかと実感しており、ご家族のケアも含めて幅広い視点で接していきたいと思っています。 これからもよろしくお願いします。

  • 西田

    アユース 西田

    平成29年8月より入職させていただきました西田と申します。 これまで精神科看護の経験がなかったので病棟にて3ヵ月研修させていただき、11月よりアユースに配属となりました。また訪問看護師として働くために免許をとって以来運転経験がなかったのでペーパードライバー講習にも行ってきました。車の運転はまだまだスムーズではないですが安全運転を心掛けて毎日頑張っているところです。 アユースは今までに働いた職場に比べてカンファレンスや勉強会が多く、スキルアップできる職場だと思います。今後は利用者さんの夢に向かって共に悩み考え、人生の伴走者になれるようにこれからも努力していきたいと思っています。

  • 小川

    アユース 小川

    はじめまして。作業療法士の小川と申します。精神科病院、デイケアでの経験を積み訪問看護ステーションアユースで働くことになりました。 神奈川県出身ですので、関西のこと、大阪のことに関して、みなさんに色々教えてもらえたらと嬉しいなと思っています。たまに不器用な関西弁が出るかもしれません。 好きなことは自然の中を車で走ることや子供と遊ぶ事。それとけん玉です。一時期は寝る時間を減らしてでも、けん玉をしていた事があるほど、凝り性な所があります。 みなさんはどんな時に「希望」を感じますか?どんなことが好きですか? 素直な自分で、自分らしく生活する上で好きな事や希望を感じる事はと大切だなぁ~と感じる事あります。そんな自分らしさという事をみなさんと一緒に考えながら日々の生活を応援していきたいと思います。よろしくお願いします。

  • 藤田

    アユース 藤田

    精神科・一般科を含めて看護経験を重ねてきましたが、訪問看護では利用者様と1対1で向き合う時間が長く、改めてコミュニケーションの大切さや難しさを感じながら働いています。利用者様には単に地域での生活を続けていくのではなく、その人らしく、活き活きと夢や希望を持ちながら人生を歩んで頂きたいという思いを持って支援をさせて頂いております。自分ひとりの力では成し得ることはできませんが、同じ気持ちを持つ仲間と話し合いや協力することで、少しでも利用者様の思いに寄り添えるよう頑張っています。

  • 池上

    アユース 池上

    地元の愛媛にて精神科病棟での経験があるとはいえ、自分のひよっ子加減にうんざりする毎日です。こんな私をあったかく仏心で見守ってくれる先輩方とこの度縁があって巡り合う事が出来、本当に私は恵まれていると思います。 精神科の看護師として努めていくにはやはり自分の心が常に健康でないと、利用者様の心に入り込み看護を行うなんていうおこがましい事なんか出来る訳がないなと改めて感じています。だから美味しい物を食べたり(笑)好きな事をしてまずは自分の心を豊かなものにし、それから利用者様の心が少しでも健やかになれる様お手伝いさせて頂きたいと考えます。これからも御指導、御鞭撻をよろしくお願い致します。

  • 和田

    アユース 和田

    平成30年3月に、アユースひらかた渚サテライトに入職しました、和田です。 利用者さんとの関係が、はじまったばかりで、長期的に構えて、少しずつ信頼関係を築いて、関わりを深めていけたらと思っています。関わっていて、利用者さんから教えてもらうことが多く、これからお互いに「共に」前向きに進んでいけたらなあと思います。アユースへ来て、皆さん親切にいろいろアドバイスを下さるので助かっています。「アユース」のあり方や役割について、また、いろいろな社会資源などについても勉強して、はやく利用者さんに沿った訪問看護を展開していけるよう努めていきたいです。

  • アユース 小澤

    看護師の小澤と申します。これまで精神科病棟、外来、透析での経験を重ねてきました。精神科での経験は10年以上になりますが、そのなかで退院支援や退院後の地域での生活を継続させることの難しさを痛感する場面が多々ありました。 光愛会は各部門、多職種の連携により社会復帰への支援が確立されていること、アユースの「利用者様が自分らしい夢や希望をもてるよう寄り添い支援する」というところに興味を持ち入職しました。 訪問看護は初めての経験ですし、方向音痴ということもあり車の運転にも不安はありますが、毎日先輩方が優しく指導して下さりとても心強いです。 まずは利用者様との関係づくりを大切にし、嬉しい出来事はともに喜び、悲しい出来事はともに乗り越えられるような存在になれるよう努力していきたいと思います。

  • アユース 田中

    看護師の田中と申します。以前は一般病院勤務を経て、高齢者・身体障がい者の方の訪問看護に携わっておりました。 利用者さんに関わらせて頂き、お話を伺うことで教わることが沢山あり、精神科訪問看護の奥深さと魅力を感じております。 職場の先輩方に指導して頂きながら、看護師として、同じ生活者として、利用者さんの生活の中にひっそりと寄り添える関わりができればと思い頑張っております。

  • アユース 三木

    在宅は「楽しい」です。病院勤務から在宅に初めて出た時は正直とまどいました。道は分からないし、外に出てしまうと頼りになる先輩や同僚はいないし、早く病院勤務に戻りたいと思っていた日もあります・・・。しかし、一度はまってしまうと、いつしか病院や施設に戻りたいとは思わなくなっていました。そんな感じでしたが、精神科は学生の実習以来で、アユースが目指す利用者さんのリカバリーというのを見て「こんな風に利用者さんの人生に関わっていけるってすごいのでは・・・」と思い入職しました。在宅は利用者さんの望む生活、人生が中心にあり、私たちの人生と同じようにうまくいかないことや悩むことも様々です。その中で喜びや感動に触れることがあります。一緒にその場に立ち会える訪問看護の仕事は大変ではありますが、充実しています。

  • アユース 相星

    訪問看護がこんなにも大変だとはおもいませんでした。まず覚えることも多く、運転も重要です。ただ大変ではありますが楽しいです。いろんな利用者様と交流があり、笑いあったり、一緒に悩んだり、ただ傍にいたりします。まだまだ新人で先輩のように接することができたらと少しでも同行させてもらい、勉強しています。 職員の皆さんはとてもやさしくて新人にも親切です。これからもがんばっていきたいです。

  • アユース 山本

    私は今まで地元神戸の総合病院精神科で勤務していました。退院してから外来で出会う患者さんは病棟での様子とはまた違って、とても活き活きしていたことに衝撃を受けました。また、ストレングスという思考に出会い、問題に焦点を当てるのではなく当事者の方が本来持っている「強み」に着目した支援のありかたに関心を持ちました。病棟での支援ももちろん大事ですが、次第に地域で生活する利用者さんを支えたいという思いを強く抱くようになりました。今までとは全く違ったフィールドになるので、不安もとても大きいです。しかし、アユースのスタッフの方たちがとても温かく指導してくださり、利用者さんに対して熱い思いを持っておられ、なんでも相談しやすい環境なので今後も頑張っていけそうです。「問題より可能性を、強制ではなく選択を、病気よりむしろ健康を見る」支援者でありたいと思っています。

  • アユース 森田

    これまで病棟、訪問看護に携わってきましたが、精神科看護の経験はほとんどなく、毎日分からない事や疑問に思う事がたくさんあり、戸惑う事もありますが、先輩スタッフと一緒に同行させて頂き、その都度丁寧に教えて頂いています。 これからも利用者様の生活に寄り添い、利用者様の支えとなれるよう頑張っていきたいと思いますので宜しくお願い致します。

アユース事務員
  • 小坂

    事務員 小坂

    光愛病院総務課より2年前にアユースへ異動してまいりました、小坂です。事務員として働いています。アユースに異動になった時は、多職種の職場に不安もありましたが、アユースの皆さんに温かく見守って頂き、楽しくお仕事させて頂いています。利用者様とは電話のみの関わりですが、安心して頂ける受け答えが出来る様にと心掛けています。医療事務と総務的なお仕事が混在し、難しさを感じていますが、受け入れて下さる環境の中、やりがいを感じています。支えられるばかりでなく事務が支えになれるよう頑張っていきます。

  • 長谷

    事務員 長谷

    こんにちは。事務の長谷と申します。光愛会では長く光愛病院医事課で勤務していました。こうあいクリニック、アユースWESTでも働かせていただき、アユースは二度目の勤務です。光愛病院やこうあいクリニックでは患者様と直にふれあう機会も多く、楽しい経験をたくさんさせていただきました。アユースでは利用者様とお会いする機会がほとんどなく少し残念に思っています。看護師さんや作業療法士さんなど他職種の方々と一緒に仕事をさせていただくことは知らない世界を垣間見ることができ、日々勉強の毎日です。至らないことも多いと思いますが、宜しくお願いいたします。

  • 土橋

    事務員 土橋

    光愛会に就職してだいぶ経ちますが、今はご縁があってアユースの事務をさせていただいています。産休や異動でアユースを離れると、サテライトが出来ていたり訪問看護のシステムが変わっていたり、戻ってくるたびに必ず驚かされます。 訪問看護のスタッフさんは、利用者さんに寄り添った丁寧なケアをされていると思います。そんなスタッフさんの縁の下の力持ちではないですが、事務の面での支えとなるように自分なりに頑張っていきたいです。パソコン関係はそんなに得意でないのに、スタッフさんによく聞かれるので、検索サイトで調べるのが日課となりつつあります。こんな私ですがよろしくお願い致します。

  • 澤田

    事務員 澤田

    天候の良い日ばかりではなく、悪天候の日でも看護師さん達は日々訪問に行かれ利用者様を支えて頑張っておられる姿には同職員ながら感銘を受けております。 アユース高槻エリアの一員として利用者様と看護師さんの橋渡しが出来、少しでもお力になれるよう日々励んでおりますが、更に、今後も利用者様を支えていけるよう精進してまいります。アユース共々今後とも宜しくお願い致します。

ページTOP

アユースWEST
  • 岸本

    アユースWEST 岸本

    アユースWESTに来て何か成長できたことがあるかなぁと振り返えると、忍耐力がついたように思います。訪問看護では、ご利用者様主体を心掛けているつもりでも、看護師が指導的になったり、ご利用者様の考え方を疑問に感じて口に出してしまったりと、後から反省したことも多々ありました。いつも「ダメダメ、ご利用者様主体」と自分に言い聞かせながら訪問看護に行っています。自分の考えを抑えるのって、結構忍耐力がつきますよ。これはプライベートでも役に立ち、人間として成長できたと自負しています。でも、時々はわがままを言いたくなり、飲み会では言いたいことを言わせてもらえる素敵な職場です。

  • 佐藤

    アユースWEST 佐藤

    私の好きな言葉は「笑顔」です。1人でも多くの方が笑って過ごせるように関わっていきたいと思っています。 憧れでもあった訪問看護ですが、実際に訪問をさせてもらう中で日々楽しさと共に、その人らしく地域で生活をするための支援の難しさや大変さも感じています。 私自身、未熟な部分もありますが、ご利用者様が地域でその人らしく生き生きと生活ができるよう、一緒に悩み、考え、支えていきたいです。 ステーションの雰囲気もとても良く、優しくて知識も豊富なスタッフばかりで毎日勉強できています。

  • 日垣

    アユースWEST 日垣

    一般・精神科の病棟を経て、ここで初めて訪問看護をさせて頂いています。 始めはバイクで利用者さんのご自宅に訪問させて頂いていましたが、先輩方の熱~~~い御指導の下、15年以上ペーパードライバーだった私も、今では車を運転し利用者さんのご自宅に訪問させて頂いています。 訪問看護を続けていく中で、私が救われているな~と感じる機会が多くあります。利用者、支援者の立場を保ちつつ、お互いがお互いを思いあえる関係、相思相愛の関係が私の理想です。 利用者さんには、「そのまんまの自分でいい」とまずは思えるような関りを心掛けたいと思っています。そのためには、私自身が満たされていることだと約2年前にバイオリンを始めてみました。なかなか練習する機会が取れませんが継続することで、音が音楽になり始めています。 訪問看護の時間を継続することで利用者さんの自分らしさを引き出すお手伝いが出来たら嬉しく思います。

  • 山崎

    アユースWEST 山崎

    一般の外来や訪問看護を経験し、もっとじっくり利用者様と関わりたいと思いこちらに入職しました。 訪問ではコミュニケーションの取り方やどのように対応したらよいか戸惑うことも多く日々勉強だと感じます。利用者様の目標や希望に寄り添い少しでもお力になれたらと思いながら、逆に慰められたり励まされたりすることも多く訪問しながら癒されています。 利用者様から頂いた優しさをお返しできるよう、利用者様の力を信じてその人らしく楽しい生活に少しでも関われればうれしく思います。

  • 青木

    アユースWEST 青木

    一般病棟で勤務する中、退院後の利用者さんの生活が気になり、ケアマネ・一般訪問看護で働いてきました。働いていくうち、地域で生活する精神の利用者様の支援をもっと深く学んでいきたいと思い、アユースに来ました。 利用者様の「その人らしさ、その人の持つ力」を当たり前に生活の中で生かしていけるような支援をしていきたいと思いながら、マイペースに学んでいる所です。利用者様のその人らしさを引き出せるよう、私自身も自分らしさを生かした看護をしていけたらいいなーと思っています。 私らしさは「笑顔」です。その為にも、オフの時は自分の趣味を大いに満喫し、大好きなお好み焼きを沢山食べ、自分自身が最高の笑顔と心で訪問出来るよう心がけています。

  • 染矢

    アユースWEST 染矢

    私は看護師になり、一般科の病棟勤務を経て透析室勤務を経験し、その後、子育て中はパートの外来勤務をしていましたが、子育ても一段落しフルタイム勤務再出発のタイミングで精神科のある病院へ就職しました。そこで、患者様と関わる中で病院を退院し地域で生活する患者様の生活に興味を持ち、精神科訪問看護を始めました。 地域で生活する患者様の生活背景は様々で、疾患に与える影響も様々です。訪問看護を通して少しでも患者様が地域でその人らしく楽しく生きがいを持って生活できるよう支援していく事ができたらと思っています。正直、仕事は大変なことも多いですが、ステーションに帰れば、「おかえりなさーい。」とスタッフの温かい声が疲れを癒してくれます。また、朝のミーティングや、男性スタッフと女性スッタフに分かれてのショートカンファレンスなどでは、活発に意見交換されていて一人で抱え込むことなく何でも相談できます。 年齢や経験に関係なくスタッフ同士が対等に意見交換できる事が、利用者様への良い支援に繋がり、私にとっては安心して仕事ができる大きなポイントになっています。

  • 咲賀

    アユースWEST 咲賀

    看護師の咲賀です。アユースWEST入職前は、一般病棟で働いていました。 精神科も訪問看護も未経験なため最初は、不安も多かったですが、先輩方の指導や研修のおかげで安心して訪問出来ています。 山口県出身の田舎者で、吹田周辺の土地感もなかったですが、今ではコンビニの場所まで覚えられるようになりました。コンビニはトイレの使用だけで終われば良いのですが、ついついスイーツにも手が出てしまい太る一方です。 利用者さんの出来ないことではなく、出来ることや希望・夢に向け、地域の中での生活を支えていく精神科訪問看護の仕事にとてもやりがいを感じています。 利用者さんの地域での生活の力になれるような訪問をしていきたいと思います。

  • 山西

    アユースWEST 山西

    はじめまして、作業療法士の山西です。好きな言葉は一期一会で、縁を大切に・・毎日のあたりまえを大切に・・と思いながら生活をしています。

     

    私は、これまで精神一般病棟と精神科デイケアを経験しましたが“一人ひとり丁寧に関わりたい”という気持ちから、利用者様の心に寄り添った支援を提供しているアユースWESTに入職しました。

    馴染めるかどうかドキドキしながら入職して1週間が経ちましたが、ステーションの先輩方が気さくで優しい方ばかりで「こんなに素敵な人が家に来てくれたら嬉しいなぁ。」と、こっそり考えています。

    地域での支援はこれまで経験したことのないことばかりですが、関わらせて頂いた利用者様が“自分らしい生活・人生”を過ごせるように支援していきたいです。

  • 宮原

    アユースWEST 宮原

    精神科慢性期、精神科救急と病棟勤務を経験した後、訪問看護師になることを志しました。病棟、訪問看護と場所が違えば視点がガラリと変わることも多く、戸惑ったことを覚えています。しかし、今は戸惑いがやりがいに変わり、たくさんの喜びや楽しみを得ることが出来ました。知識だけではない自分の人生の引き出しや経験が生きることもあり、精神科訪問看護は奥が深いなあと感じる日々です。 事務所には個性豊かで楽しいメンバーが揃っています。九州ののんびりした環境で育ってきた私もするりと馴染むことが出来ました。これからも素敵な利用者様、スタッフの中でぐんぐん成長したいと思っています。

  • 谷口

    アユースWEST 谷口

    <育休中>学生のときからの憧れであった訪問看護師になり、早2年が経ちました。
    看護師経験が浅かった未熟な私を採用してくださり、研修にも積極的に参加させてくださったおかげで、今も楽しく働かせてもらっています。
    日々の訪問を通して、ご利用者様の想いに沿った看護の難しさを感じていますが、こんな私の訪問を待っていてくれる人がいると思うと、それだけで元気が出ます。毎日ご利用者様に支えられているなぁと感じています。これからは、ご利用者様の地域生活を支えられる存在になれるよう、頑張ります!!

  • 柳澤

    アユースWEST 柳澤

    鹿児島県徳之島出身で自然に囲まれ育ちました。 今は大阪が長くなり居心地が良くなっています。 精神科訪問看護との出会いは平成13年で途中、病棟と外来も経験しましたが訪問看護がしたいと思い再び戻ってきました。訪問看護の魅力は個性の違う利用者さんやスタッフとの出会いで良いことも辛いことも一緒に体験でき気付くことも多く自分自身の成長にも繋がっています。 アユースWESTはそれぞれのスタッフの個性が活かせ雰囲気も良く働きやすい職場です。

  • 秋葉

    アユースWEST 秋葉

    作業療法士の秋葉です。 自分が育ったこの北摂地域で、利用者の方々と共に楽しみ、笑い、励まし、前を向いて仕事に取り組んでいます。誰もがその人らしく、自由にのびのびと生きていける地域を、その地域に関わる皆で作っていきたいと考えています。 訪問看護に来る前は、リハビリテーションを専門とした仕事に長く就いていました。リハビリテーションとは、『再び適した状態になること』、『本来あるべき状態への回復』とされています。誰もが疲れたり傷ついたりすることがあると思いますが、そこからまたリハビリテーションしていくのは、人との繋がりが始めになると思います。 サッカー、マラソン、甘いもの、麺類大好きな私と一緒にリハビリテーションしませんか?よろしくお願いします。

  • 武田

    アユースWEST 武田

    アユースWESTの武田です。 精神科医療の現場で働く中で、「その人らしく生活し、その人らしく生きて行く。」この問題に、どう向き合って行くのか?という自問自答が日々募る中、どうしても精神科訪問看護の現場で働きたいという思いが出て来ました。 こうしてアユースWESTの一員として訪問看護が出来る事に喜びを感じています。 「ご利用者様主体」の訪問看護は本当に難しく自身の未熟さ故にまだまだ解らない事ばかりです。先輩看護師の皆様に付いて行くだけで精一杯の日々ですが、心から喜んで頂ける「ご利用者様主体」の訪問看護が出来るよう頑張って行きたいです。 宜しくお願い致します。

  • アユースWEST 井上

    訪問看護が大好きです。 なぜ大好き?の理由は様々ありますが、車で移動の際に暑さや寒さ・木々の移ろいや街並みの変化を感じられることも大好きな理由のひとつです!!日々この仕事に携わる事ができることをうれしく思っています。 また、2児の母である私には子育ての先輩や子育て中の方がいる職場は有難く、就業時間も魅力的です。 笑顔での訪問を心がけていきたいと思います。よろしくお願いいたします。

  • アユースWEST 坂田

    精神科急性期治療病棟の経験を経て、このたびこちらへ異動させて頂いた坂田と申します。  好きなことは読書、アニメ、映画といったことからキャンプやバイクなども好きで、なんでもゆるく、面白く楽しんでいます。  利用者様の人生において、どういったことに心が軽くなり、何に取り組むことができるのか考え、対話によってそれらをともに見出したいです。皆様にとって、“松葉杖”のような存在になりたいと思っているので、よろしくおねがいします。

  • 田中

    アユースWEST 田中

    私は、精神科・訪問看護の経験はなく、自分にできるか不安で一杯でした。先輩方の中にも、精神科・訪問看護が初めての方もいらっしゃって、様々なアドバイスを頂きながら、日々学んでいます。 私が職場に求める事一番は、人間関係です。この職場は皆さんがお互いをフォローし、楽しい雰囲気で気持ちよく仕事をしております。また、保育園の子供がいる中、休みにも配慮していただきとてもありがたいです。 まだまだわからない事も多いですが、地域の方と一緒に前に進んできたいと思います。 皆様宜しくお願いします。

  • 由村

    アユースWEST 由村

    一般病棟で3年経験しアユースWESTに入職しました看護師の由村です。病棟で忙しく慌しい日々を送る中、ゆっくり関わりその人がその人らしく生活できる支援をして行きたいと感じ訪問看護へ転職しました。慣れない環境で、戸惑うことも多いですが、先輩の指導を受けながら、日々学びを深め楽しく仕事を行っています。訪問途中に、周りの景色を眺めながら心身ともにリラックスして日々楽しく訪問しています。訪問看護は、病棟とは違い、しっかり利用者様との関係が作れ、対応できることに魅力を感じます。利用者様と夢や希望を共有し、信頼できる存在になれるように頑張っていきたいと思います。よろしくお願い致します。

  • 和田

    アユースWEST 和田

    精神科病棟を経験してアユースWESTへと来ました。訪問看護は経験がなく、戸惑いもあしたが周りの先輩方も優しく、また初めてのことや、新たな出会いに、驚きと楽しさも感じています。これからも、今感じている、新鮮な気持ちを忘れないように利用者さんとも接していけたらと思います。 少しだけ自己PRをさせてもらうと、趣味は海釣りをして魚を捌いて食べることです。座右の銘は『晴耕雨読』無理をせず、自然のままに暮らしていければと考えています。利用者さんがその様な暮らしが出来るようになればと考えながら、訪問看護に臨んでいきたいと思います。

  • 松井

    アユースWEST 松井

    初めまして、松井です。現在(H30/9/18時点)はまだ入職して2週間が経ったところです。 一般病棟での経験は6年以上ありましたが訪問・精神科の経験はありませんでした。右も左もわからない状態ですがスタッフのみなさんが丁寧にやさしく指導して下さるので今はやっていこうという気持ちでいっぱいです。しかも、頼りがいのある優しい男性スタッフがプリセプターで付いてくださっているので何でも相談できています。この領域では初心者ですが自分ができることを見つけこれからも頑張っていきたいと思います。

アユースwest事務員
  • 中川

    事務員 中川

    「わからないことは、中川さんに!」・・・そう言ってもらえるスーパー事務員を 目指しているものの、現実は毎日、わからない事と失敗だらけ。 でも、(どこかで見聞きしたのですが)『しあわせだから笑顔になれるのではなく、笑顔だからしあわせになれる』が私のモットーです。 私の笑顔でスタッフさんが笑顔になり、そのスタッフさんの笑顔が利用者さんを笑顔に出来たなら、そんな事務員もいいな・・・と思って今日も頑張っています!!

  • 大蔵

    事務員 大蔵

    3月よりWESTで事務をしています大蔵です。 はじめての医療事務でわからないことばかりですが、スタッフの皆さんに 教えて頂きながら頑張っています。 毎日たくさんのことを学びながら、忙しい中にも楽しみを見つけて、 自分らしく仕事が出来たら幸せだなと思っています。 どうぞ宜しくお願い致します。