1. HOME
  2. スタッフ紹介

ご挨拶

訪問看護事業部統括部長 加藤 寛文

加藤 寛文

希望があれば、勇気が湧き、勇気が湧けば強い気持ちになり、未来を語れます。

アユースの使命は、こころとからだ、そして社会とのつながりを大切にリカバリーそしてWell-beingに寄り添います。
白衣は着ていません、天使でもありません、ですが、思いをもった協力者として今までもこれからも利用者へ寄り添っていきたいと思っています。

訪問看護事業部 副統括部長 池田 百合江

池田 百合江

精神科訪問看護、を客観的に考えてみると、それは本当に素晴らしい仕事でやりがいのあるものだと思えるのですが、実際現場にいると悩みの尽きないものだと改めて感じます。

まずは困りごとや心配事を話し合える関係になれるかという悩み、そして、自分が協力者として力になれるのだろうかという悩み、そして、精神科訪問看護師としての専門性における悩み、そのような中で利用者の回復の過程が感じられるのには数年かかることもあり、しかも自分では気づけないこともあります。

だからこそ、訪問場面での小さな希望やちょっとした幸せ、些細な笑いに敏感でありたい、そしてその想いを共に感じられる人でありたいと思っています。そのことがきっとリカバリーの過程につながるのだと信じてこれからもこの仕事に関わっていきたいと思っています。

訪問看護事業部 副部長 兼 訪問看護ステーションアユース高槻 所長 染矢 真樹子

染矢 真樹子

一般科の経験を13年経験した後、精神科単科の病院へ勤務したのをきっかけに、長年入院生活を送られていた患者様の退院支援に関わることがあり、退院後の生活への不安な気持ちに触れ、退院後の地域での患者様の生活に興味を持ち精神科訪問看護を始めました。

アユースには2017年に入職し、たくさんのご利用者様と関わり、医療機関、行政、支援機関の方々とも連携させて頂きました。今後も地域との連携を大切に丁寧に行い、ご利用者様が活き活きと安心して助け合って生活できる地域社会作りに貢献できるよう、今後も努めて参ります。

アユースの理念である「鳥は空に、魚は水に、そして人は社会に」を念頭に、ご利用者様お一人お一人のリカバリーのプロセスを支え、勇気付け、それに寄り添うことを使命に日々、悩み、考え、学び、喜び、成長していけるようスタッフ一同精進して参ります。今後ともご指導ご鞭撻の程よろしくお願い致します。

訪問看護ステーション アユース枚方所長 有田 陽子

有田 陽子

今から20年以上前、看護学生として光愛病院に実習でお世話になって以来、看護師さんが優しく親切に患者さんと一緒になってイベントを楽しまれていた姿が忘れられず、いつかここで働けたらと思っていました。
時は流れ、看護師として病院で様々な経験を重ねた後に、訪問看護師となり10年が過ぎた頃、念願だった光愛会のアユースに転職しました。今も尚、昔抱いていた印象そのままでした。これまでを通して思うことは、精神科でも何科であっても、「その人らしさ」を尊重する全人的な在宅看護の本質は変わらないということです。
疾病や障がいを抱えながらも在宅で生活されている方やご家族をお支えする中で、人の人生に触れ、私自身が勇気や希望をもらい成長させて頂いていると感じています。
お一人お一人が主役の人生を、自分らしく生きるためのお手伝いが出来ればと思っております。地域から一層必要とされるステーションとなるよう日々精進して参りますので、宜しくお願い致します。

訪問看護ステーション アユース森ノ宮所長 岸本 和巳

岸本 和巳

長く精神科単科の病院で看護をしておりましたが、地域支援に興味を持ち、アユース緑地公園で勤務することになったのが平成24年でした。法人理念である「鳥は空に、魚は水に、そして人は社会に」に感銘を受けて、この訪問看護ステーションで看護がしたいとワクワクした頃を思い出します。

病院での看護と地域での支援との違いに最初は戸惑い悩むことも多かったのですが、利用者様への支援を通じて学ばせていただいたことは、看護師としてだけではなく、人としても成長できたと、今は感謝の気持ちでいっぱいです。管理職をさせていただくなかで、新たな役割に悩むこともありますが、それもまた学びとなり、成長が実感できています。

訪問看護ステーションアユースグループの使命である「リカバリーのプロセスを支え、勇気付け、それに寄り添うこと」を念頭に、地域の関係機関と連携を図らせていただき、より良いサービスが提供できるよう努めてまいります。今後もよろしくお願い致します。

訪問看護ステーション アユース吹田所長 木村 由紀

木村 由紀

以前別の病院の精神科で勤務している時に、担当した患者さんの病状や生活力が低いという事情で自宅に戻れず、別の病院に転院したということがありました。まだ地域支援が十分でなかったこともありますが、そんな未消化な思いが精神科訪問看護に興味をもつきっかけとなりました。

アユースは、「精神障がいを抱えながらもその人らしく納得のいく地域生活が実現できること」も支援の目標としています。
実際の訪問看護で、自分の思いを伝えるべき人に伝えられた時の感動している姿、就労が上手くいくことに並行して自分で人生を切り開いていく姿など、その方々の人生の壁を乗り越えていく様子を目の当たりにすると、こちらも長い努力のご褒美を頂いた気持ちになります。
私たちの仕事はその繰り返しだと思っています。

訪問看護を必要としてくださる皆さま、また各関係機関の皆さまや地域の方々とのつながりを大切にし、日々努力を続けていきたいと思います。

訪問看護ステーション アユース緑地公園所長 咲賀 悠希

咲賀 悠希

一般科病棟での終末期の患者様やご家族様との関わりを通して、心のケアについてもっと専門的に関わりたいと思い、2016年にアユースに入職しました。
一般科病棟では病気によって起こる問題に着目しがちですが、アユースではご利用者様の強みに着目し、その人らしい生き方を支えることを理念としており感銘を受けました。

ご利用者様との関わりの中で、共に悩み、喜びを分かち合いながら本当にたくさんの幸せな経験をさせて頂き、この仕事にとてもやりがいを感じております。支援を通して、私自身たくさんのことを学び、成長でき、感謝の気持ちでいっぱいです。

これからもご利用者様が自分らしい生き方が出来るように、寄り添いながら支援が出来ればと思っております。アユースグループの使命である「リカバリーのプロセスを支え、勇気付け、それに寄り添うこと」を念頭に、関係機関の方々とも密に連携をとらせて頂き、より良いサービスが提供できるよう日々精進して参りますので、今後もよろしくお願い致します。

訪問看護ステーション アユースグループ精神看護 専門看護師 萬平 冴理

萬平 冴理

私は訪問看護ステーションアユースに在籍し、専門看護師(CNS)として活動しています。
私自身がまずは“訪問看護を知る”、“ご利用者様やスタッフを知る”ということを目標に活動をしてきました。
その中で感じたアユースの強みの一つは、いろいろな経験や持ち味をもったスタッフが、ご利用者様を主体に、ご利用者様のリカバリーを大切にしてケアを展開しているところだと思います。
そのプロセスの中では、スタッフ自身もいろいろな経験をします。そして、ともすると自分だけで抱え込んでしまったり、自分自身に向き合わなければならないこと等もあります。

私は、スタッフが気さくに話をできる場所、自分の弱さも含めて出せる場所、ちょっとした違和感や些細な気づきを委縮することなく発信できる場所でありたいと思っています。
そして、スタッフと一緒に悩み考えたり、ご利用者様やご家族の方へ直接ケアにあたったり、研修の担当や研究のサポートをしたりすることを通して、看護の質を向上させていくためこれからも活動していきたいと思います。

訪問看護ステーションアユースグループ精神科認定看護師 森木 千春

森木 千春

総合病院(心臓外科・循環器内科・呼吸器内科・消化器外科)を経て、2012年に入職しました。これまで、アユースの使命である“リカバリーのプロセスを支え、勇気づけ、それに寄り添うこと”を大切に看護を行ってまいりました。しかし、それを実現するためには思いだけでは足りないと感じることもありました。そのような経験から、もっと専門的な知識を得たいという気持ちが膨らみ、2023年に精神科認定看護師を取得しました。

様々な出来事が起こる中、ご利用者様が自身の回復や可能性を信じ続けることは難しいこともあります。私が大切にしていることは、私自身がご利用者様の回復や可能性を信じ続ける存在であることです。そして、これまで沢山のリカバリーを間近でみせて頂いた経験がそれらを信じる力に繋がっていると感じています。

私は、スタッフが心身ともに健康であり続けることは、看護にも良い影響を与えると考えています。そのため、相談や教育を通してスタッフが前向きな気持ちで働くことのできる環境を整えていきたいです。スタッフとして働いた経験を生かしながら、些細なことでも相談できる存在を目指して活動しています。

  • 高槻

    Kさん

    わたしは障がい者一般病棟で約8年間勤務していました。
病棟勤務では入院中や退院してからの生活に不安な思いを話される患者さんがおり少しでも安心して生活できるよう関わることが大切だと学びました。
しかし実際は業務に追われてゆっくり時間をかけて関わることができずもっと一人ひとりの患者さんとゆっくり関わり支援したいと思いアユースに入職しました。
職場ではスタッフの皆さんが優しくいろいろな話をしてくださり聞いてくださいます。
これまでの経験を活かし地域で生活する利用者さまが安心してその人らしく生活できるように関わり支援していきたいと思います。

    もっと読む

  • 高槻

    Mさん

    入職するまでは精神科病院のスーパー救急や認知症病棟などで働いていました。日々のルーティン業務に追われ、患者さんとの時間が短くなっていることに疑問を感じ、子供を産んで復帰するにあたり、利用者さんとじっくり関われる訪問看護を選びました。 アユースグループは色々な経験を積んできたスタッフの溜まり場なので、とにかくなんだか楽しいです。訪問看護では利用者さんと一緒に悩み、考えながら、利用者さんの夢の実現のために寄り添い、支えていけたら良いなと考えています。毎週利用者さんが訪問を楽しみに待っていてくれたらとっても嬉しいです。

    もっと読む

  • 高槻

    Tさん

    これまで病院勤務で慢性期、急性期、回復期とさまざまな科を経験してきました。しかし年齢を重ねるたびに夜勤の疲労感が強くなってきたのを感じ、夜勤のない仕事を探そうと決断をしました。今までの看護経験の中で、じっくりと患者さんと関わる看護が自分には合っているように感じていましたので、訪問看護を選択し入職しました。アユースグループのスタッフは皆さん話しやすく、とても働きやすい職場です。初めての訪問看護でしたが、上司に助言を求めたり、同僚と助け合いながら頑張っています。利用者さんの夢や思いに寄り添い、その人らしい生活が送れるように少しでもお手伝いができればと思っています。

    もっと読む

  • 高槻

    Iさん

    これまではずっと精神科病棟で勤務していました。退院していく患者さんを見ていく中で、地域でどのように生活をしているのか又、利用者さん一人一人ともっと向き合って話をしていきたいという思いから訪問看護の領域に転職しました。 病棟勤務が長かった分、管理・指導的になってしまうこともあり自分の考え方を変えていくのに時間がかかりました。訪問を積み重ね、関係が構築でき利用者さん主体で一緒に考えたり少しの一歩でも一緒に喜び合ったりすることに楽しさも感じています。 訪問や業務の中で辛い経験をすることもありましたが、上司・同僚に支えられその度に救われています。様々な経験を重ねてきたスタッフが多いので色んな相談ができ、雰囲気もとても良い職場だと思います。

    もっと読む

  • 高槻

    Yさん

    看護学生時代に実習から精神科看護の人と人との関わりに感動し光愛会に入職。急性期病棟で6年、そして訪問看護ステーションアユース吹田に異動し4年勤務。そして現在はフィールドを大阪市に移し、利用者様への尊敬の気持ちを大切にしながら現在も訪問看護をさせて頂いております。悩みや課題が尽きない仕事ではありますが、利用者様が目標を達成できた時の笑顔や喜びの声が何よりのこのお仕事のやりがいであり、いつまでも精神科看護師で居たいと思わせてくれる原動力になっております。職場は明るい雰囲気であり、1人で抱え込まずに皆で考えることができる部署だと言えます。この部署でこれからも日々成長していきたいと考えております。

    もっと読む

  • 高槻

    Yさん

    光愛病院で急性期病棟で3年、亜急性期病棟で半年勤務した後に訪問看護へ異動となりました。その前は、一般科の急性期病棟で3年働いていました。相談しやすい環境で、わからないことがあれば周りのスタッフに支えられながらの日々を送っております。訪問看護師として、利用者様の声に耳を傾け、希望に寄り添うことで、その人らしい生活が送ることが出来るよう支援できたらと思います。これから、よろしくお願いします。

    もっと読む

  • 高槻

    Hさん

    精神科病棟での経験は3年しかなく他科経験が8年程度あります。精神科訪問看護は、当ステーションで初めて経験させていただいています。今までは病院の中でのケアが中心でしたが、退院されてからどの様な生活を送られているのだろう、どんな事を不自由と思われるのか、そこで何か援助できる事はあるかなど考える機会が多くあり訪問看護を選べせていただきました。精神科訪問看護師の経験が少なく毎日、上司やスタッフに方々に支えられながら勉強させていただいています。これからも、利用者様のストレングスを見出しその人らしい生活を送ることが出来るよう支援していきたいと思います。

    もっと読む

  • 高槻

    Mさん

    以前は学校の保健室で勤務していました。保健室に来る生徒の抱えている問題は様々でしたが、学校内ではできる事が限られていました。保健室に来室しない限り、力になることができず、もどかしい気持ちがありました。そんな時に支援の場が在宅になる精神科の訪問看護を知り転職しました。経験が浅く、右も左もわからない状況でしたが、手厚くサポートしていただいています。訪問は1人で行うことが多く、たくさん悩みますが、他の職員の皆さんが一緒に悩んでくださり、1人ではないことをいつも感じています。利用者の方から学ぶことがたくさんあり、刺激を受ける毎日です。利用者の方のペースで歩んでいくことを大切にしていけたらと思っています。

    もっと読む

  • 高槻

    Aさん

    私は今まで、精神科病院(4年)、総合病院(14年)、行政(7年)で働いてきました。早いもので今年で27年目になり、子供5人育てながら、ずっと現役で看護師を続けています。アユースは子育て中の若い看護師さんが多く、とても活気があります。自分自身も子供が小さかった頃、先輩看護師さん達にいつも助けてもらっていました。今、私が子育て中の看護師さん達を助けて行く番だと思っています。 行政にいた頃、精神科の患者さんと多く関わる機会が多く、地域で一人ひとりの患者さんと長く向き合って支えたいと思いから、この仕事に結ぶきっかけとなりました。訪問看護は利用者様の住み慣れた自宅で「生活を守る」ということが大きな役割ではないかと実感しており、ご家族のケアも含めて幅広い視点で看護していきたいと思っています。

    もっと読む

  • 高槻

    Tさん

    看護師として5年目で一般科と精神科の病院の経験を得て入職しました。病院では退院後の支援に関わることがほとんど無く、退院後に在宅で過ごされる方達の支援を行っていきたいという思いから入職しました。入職したばかりで緊張しているのですが、その中でも温かく迎えてくれる職場の雰囲気に助けられています。看護師として経験が浅いので、一緒に働く方達の良い所を取り入れ、自身で学ぶことも忘れずに学びを継続していきたいと思います。また、ご利用者様との信頼関係を築きその関わりの中から学ばせていただくこと大事にしていき、看護師としてだけでなく人としても成長していくように頑張りたいと思います。

    もっと読む

  • 高槻

    Aさん

    光愛会では長く光愛病院医事課で勤務していました。クリニックや各アユースの事業所でも働かせいただきました。光愛病院やこうあいクリニックでは患者様と直にふれあう機会も多く、楽しい経験をたくさんさせていただきました。訪問看護では利用者様とお会いする機会がほとんどなく少し残念に思っています。看護師さんや作業療法士さんなど他職種の方々と一緒に仕事をさせていただくことは知らない世界を垣間見ることができ、日々勉強の毎日です。至らないことも多いと思いますが、宜しくお願いいたします。

    もっと読む

  • 高槻

    Uさん

    精神科一般病棟,老健施設での経験を経て、出産を機に以前の職場を退職。在宅看護には以前より興味があり、また精神科病棟での経験も活かせると思い、入職を決めました。ブランク明けで、訪問看護自体が初めてのことなので正直不安でいっぱいでしたが、色んなスタッフが声を掛けてくださり、温かい雰囲気の職場です。また、利用者のケアや対応で困ったことがあれば、チームで相談し色んなスタッフの意見も頂けるので、一人で悩みを抱え込まずに働ける職場だと思います。利用者がその人らしく生活できるよう支援し、私自身も成長できたらと思います。

    もっと読む

  • 高槻

    Iさん

    前職では、循環器内科・ICU・HCUで治療を優先とした回復過程の支援を続け、使命感と責任感があります。これからは、住み慣れた地域の中で、その人らしく・自分らしい、夢や希望を持ち、社会の中で目的や役割をもって生活ができるように支援していきたいと考えています。そのためにも、利用者様一人ひとりに誠実に向き合い、強みに目を向け、意思決定やリカバリーのプロセスを支え、勇気づけ、気持ちに寄り添える存在でありたいと思っています。また、利用者様に少しでも貢献できるように、新たな発見や出会い、気づきを得ながら、今までの経験を活かし、広い視野を持って、より良い看護の提供ができるように頑張っていきます。

    もっと読む

  • 高槻

    Oさん

    内科、外科、透析、リハビリ病棟、訪問看護と勤めてまいりました。訪問看護をする中で、精神看護をご利用されている利用者さんがいらっしゃいました。その方の体調や表情がなかなか改善せず、他にできることはないのかと考える日々でした。そんな中、地元に精神看護に特化した訪問看護ステーションがあることを知り入職しました。 忙しくバタバタしているステーションが多い中、アユースグループは看護師が皆、リラックスしている雰囲気です。丁寧にご利用者の話を聞く仕事であるからこそ、そこで働く看護師にもリラックスできる工夫をされていると感じます。訪問の際には、少しでもお話しを聞きたいと思っています。

    もっと読む

  • 高槻

    Aさん

    前職で、ご利用者さまの生活する空間で寄り添える訪問看護の良さを学びました。現在までの職歴で身に付けたスキルや、事務の経験を活かしたいと思い、入職いたしました。 業務においては、分担して声をかけ合い、和気あいあいと毎日の仕事をこなしている印象です。看護師の皆さんと一緒に事務員も勉強会に参加することができ、精神看護を学び、自分自身も見つめ直す機会にもなります。的確で丁寧な仕事を心掛け、円滑にサービスを提供できるようサポートしていきます。よろしくお願いいたします。

    もっと読む

  • 高槻

    Tさん

    これまで主に接客業や営業関係のお仕事をしてきましたが、ずっと医療関係のお仕事に憧れがあり、前職では急性期病院で医師の事務作業補助をしていました。 念願だった医療の仕事にやりがいを感じながらも、日々の業務に追われる毎日に違和感を感じ、訪問看護ならお一人お一人にしっかり寄り添えるのではと思い入職しました。 実際にアユースグループでは常にご利用者様についての報連相が飛び交っており、全員でお一人お一人に全力で向き合われているなぁと感じます。 私もチームの一員としてお力になれるよう、常に向上心を忘れずに業務にあたりたいと思っています。

    もっと読む

  • 高槻

    Hさん

    看護師免許取得後、精神科1本で働いてきました。病棟では、入院中の生活に関ってきましたが、退院後のずっと未来へ続いていく生活に関わっていきたい、その人らしく生きていくための、お手伝いをしていきたいとの思いが強くなり、精神疾患に特化した、アユースグループに入職させて頂きました。アユース高槻の職場の雰囲気は、明るく、温かく、相手を思いやる印象を強く受けました。そして、それがそのまま利用者様にも向いていくのだろうと感じています。精神疾患は数値で測れるものではなく、正解も終わりもない。だからこそ、魅力もやり甲斐もあると考えています。利用者様と共に過ごし、共に汗を流し、共に考え、その人が大切にしているものを守り、その人らしく生きていくための、お手伝いを一生懸命していきたいと考えています。

    もっと読む

  • 高槻

    Oさん

    慢性期病棟で最期の時間を整える仕事をさせて頂き、精神科のクリニックで訪問看護も経験し、利用者さんの生活に着目して関わる点に魅力を感じました。 
訪問看護を専門的に勉強したいと思い入職致しました。 
初日は不安でしたが、何でも優しく教えて頂けることに感謝しながら出勤しています。 
訪問看護は利用者さんの病気ではなく、病気も含めた生活を支える仕事だと思います。 
退院後の生活で食事や入浴、テレビ等を気兼ねなく楽しめるのか、それを自分の意思で選択できるのか。 
そういった生活や人生を支えている先輩方の姿が眩しく、私もそう成長するために大切な事を教えて頂ける事が毎日のやりがいとなっています。

    もっと読む

  • 高槻

    Tさん

    一般科で神経内科、精神科では慢性期病棟と外来勤務を経験してきました。前職の経験から地域社会で生活する方々がより自分らしく生きる為の支援がしたいと日頃から考えていましたが、アユースグループの理念に心打たれるものを感じて面接を受け、御縁がありこの度入職させて頂きました。 アユースグループのスタッフの皆さんは緊張で不安だらけの私に初日から気さくに声をかけて下さり、わからないことも丁寧に教えて下さったりと、優しく親切な方ばかりです。 精神科訪問看護のやりがいは利用者様が主体となって自己決定権をもって支援を進めていくことなのかと思います。自分自身の価値観や考え方も振り返りながら利用者様がその人らしい生活が送れるようサポートさせて頂けるように努めていこうと思います。

    もっと読む

  • 高槻

    Hさん

    精神療養病棟に2年勤務していました。病棟では忙しく患者さんとゆっくり話をする時間がなく業務中心になっていたので、じっくり向き合って心が通い合う看護をしたいと思い、アユースグループに入職しました。入職後は、笑いが絶えないほど職場の雰囲気も良く積極的にスタッフ間で助け合っていて、困っていたら皆さんの方からたくさん優しく話しかけて下さいます。訪問看護ではご自宅に訪問するため、より利用者様の意思に寄り添った看護が出来ることがやりがいだと思います。利用者様と共に一緒にどうしていきたいのか、気持ちや意思を第一に考えることを大切にしていきたいです。

    もっと読む

  • 高槻

    Hさん

    私はこれまで一般科の急性期、慢性期、精神科の急性期の病棟で働いてきましたが日々の業務に追われ、患者様とゆっくり関わる時間がありませんでした。もっと寄り添った看護がしたいと思い入職させて頂きました。スタッフの皆さんは優しい方ばかりで、初めての訪問看護で右も左もわからない私にやさしく声をかけてくださり丁寧に業務を教えてくださるので、すぐに打ち解けることができました。法人の理念や事業所の目標もしっかりしているのでその目標に向かって頑張ることができ、とてもやりがいのある職場だと思います。その人がその人らしく生きられるよう一緒に考え、寄り添った看護をしていきたいと思います。

    もっと読む

  • 高槻

    Nさん

    アユースグループに入職するまではICUや大学の実習引率教員、訪問看護事務所で看護師として2年ほど経験を積ませていただきました。学生の頃よりずっと人に寄り添い相手の立場に立った看護が行いたいと思い、働くこととなりました。職場の雰囲気はとても明るく活気がある職場で、看護師としての経験が未熟な私でも成長できる環境だと思います。ご利用者様の目線に立ち共に悩みともに歩んでいけるような看護師になりたいと考えております。

    もっと読む

  • 高槻

    Tさん

    脳神経外科、外科、特別養護老人ホームを経験しアユースに入職しました。何年か前にケアマネージャーの資格を取得したのをきっかけに在宅で生活する人達を支える仕事がしたいと思い訪問看護を選びました。精神科は初めてで不安でした。悩んだりした時、周囲のスタッフがフォローし支えてくれます。アユースでの訪問はやりがいがあり精神科看護に携われて本当良かったと思っています。地域の方と一緒に前に進んでいきたいと思っております。宜しくお願いします。

    もっと読む

  • 高槻

    Hさん

    前職では、総合病院の一般科病棟で勤務していました。 
入職理由は、①病棟勤務では日々の業務等に追われ患者様一人一人と深く関わる時間がなかなか作れないことに自分の中で葛藤があり、利用者様とじっくり関われる訪問看護がしてみたいと思ったこと。②家庭環境の変化をきっかけに長く働ける職場を探していた時にアユースグループに出会ったことです。職場の雰囲気は皆さんとても優しく、話しやすいです。これからは、訪問看護師として、利用者様の声に耳を傾け、地域で暮らす利用者様一人ひとりがその人らしく生きていけるためのお手伝いを一生懸命してきたい思います。宜しくお願いします。

    もっと読む

  • 高槻

    Sさん

    これまで外科や内科の一般病棟で長年勤務してきました。患者さんの退院調整など行うなかで患者さんは退院後どのような生活を送ることを望まれ、どう援助をすることが安心して生活を送ることにつながるのか、ということに関心をもつようになりました。直接ご自宅での生活をサポートできる訪問看護の仕事がしてみたいと思いアユースへ入職しました。 
初めての訪問看護ですがアユースのスタッフはみなさん優しく話しやすく、同僚もいて日々の相談ができています。 
まだまだ勉強させていただくことばかりですが、利用者さんの思いに寄り添いその人らしい生活が送れるようにサポートしていきたいたいと思います。

    もっと読む

  • 高槻

    Oさん

    前職では精神科訪問看護師として、約3年半の経験を積ませて頂きました。利用者様との日々の関わりの中で更なるスキルアップが必要であると感じ、アユースグループへ入職させて頂きました。職場環境はとても明るく、相談や意見など発信しやすい雰囲気だと感じています。利用者様との関わりでは、一人ひとりの思いに寄り添いながら、その人らしさを活かせるよう共に考えていくことを大切にしています。その中で、自分らしさも活かしていけるよう、日々努力していきます。

    もっと読む

  • 高槻

    Iさん

    初めまして。 卒後は消化器外科病棟で働き、 その後訪問診療、訪問看護と経験させていただきました。 その中でも精神科訪問領域の学びを深めたいと考えて入職しました。 入職前の制服採寸などで対応いただいた総務の方も、実際に入職して関わってくれたスタッフ皆が本当に優しく「しんどくない?大丈夫?」と細やかに声をかけて下さいました。 毎朝のカンファレンスも自身の 学びに繋がって、共有することの重要性を日々学ばせていただいています。 これからもご利用者の話に耳を 傾け、その人らしさや強みを見出しながら地域生活が継続出来るような看護を提供していきたいです。

    もっと読む

  • 高槻

    Sさん

    看護師になり6年間、総合病院で消化器外科、内科と働いてきました。
その後、精神と身体疾患の両方を治療できる病院で約8年間働きました。そこでは精神だけではなく多岐に渡る疾患を抱える患者さんと出会いたくさんの事を学ばせて頂きました。そのような中、コロナ禍で家族面会がなくなった事でご家族との関わりが希薄となり、在宅で過ごす様子がつかめないまま退院していく患者さんを見送ってきました。在宅支援って何だろう?と疑問に思ったことが訪問看護に興味を持ったきっかけでした。
これまでの経験を活かしつつ、これからも学び続け利用者さんやご家族に信頼される看護師になりたいと思います。

    もっと読む

  • 高槻

    Mさん

    これまで作業療法士として精神科病棟やデイケア、福祉事業所で働いてきました。その中で地域生活を支えるのに訪問看護師が大切な役割を担っていると感じることが多くあり、自分もその一員になりたいと考えてアユースグループに入職しました。自分に何が出来るだろうと考える毎日ですが、ご利用者の話をよく聞き、アユースのスタッフと共に学び、地域の支援者と一緒に生活を豊かにする支援を目指したいと考えています。どうぞよろしくお願い致します。

    もっと読む

  • 枚方

    Tさん

    これまで精神科で4年半、一般科で10年程勤務をしてきました。北海道から大阪へ転居するにあたり、子供がまだ小さいため夜勤の無い仕事を探していたこと、精神科が好きだったこともあり、アユースへ入職させていただきました。訪問看護は精神科勤務時代に数回同行した程度の経験しかありませんが、先輩が丁寧に教えてくれるのでとても心強いです。まだわからないことも多いですが、利用者さんが地域の中でその人らしく生活していくことをサポートする一員になっていけたらと思っています。

    もっと読む

  • 枚方

    Wさん

    光愛病院で8年間の病棟経験を経てから、2018年にアユース吹田へと異動、その後枚方へと異動してきました。気軽に相談できる同僚や上司がいて、自由に意見を交わせる雰囲気をアユースグループに来てから感じています。今でも悩む事は多々ありますが、日々利用者様の笑顔を見れる事を楽しみに訪問看護を行う事が出来ています。利用者様と共に悩み、共に笑い合えるような訪問看護を行なっていけたらと思っています。なお、趣味は魚釣りで色々な海に出掛ける事を週末の楽しみにしています。

    もっと読む

  • 枚方

    Mさん

    一般科病院(心臓外科・循環器内科・呼吸器内科・消化器外科)で勤務していましたが、もっと一人一人に向き合える時間があればという葛藤から、思い切って転職しました。アユースは子育て世代が多いためか、皆で協力しながら家庭も仕事も大事にできる職場だと思います。病棟で感じていた葛藤はなくなり、やりがいを感じる日々ですが辛いこともあります。そんな時でも支えてくれるスタッフやご利用者様の笑顔のおかげで頑張ろうと思えます。ご利用者様や自分自身にしっかりと向き合い、ご利用者様の夢や希望、こんな風に生きたいという思いに寄り添い伴走できるような支援を目指しています。

    もっと読む

  • 枚方

    Mさん

    外科、内科、地域包括支援センターで仕事してきました。前職の包括で精神疾患の方を担当した際に、支援者としてだけでなく人対人として関わることがあり、精神科に興味を持ちました。またいろんな人生の機微に触れることができる在宅が好きで、すっかりはまってしまいアユースに来ました。訪問では中心は医療ではなく生活で、いかにその人らしい生活送れるかといったことに重きを置いています。また人には人の価値観、生き方があり、それを踏まえながら訪問しています。時にはもどかしかったり、難しいと感じることもあるのですが…そういうときには、スタッフに相談し悩みを聞いてもらっています。悩みを共有できるスタッフがいるのが心強いです。

    もっと読む

  • 枚方

    Yさん

    私は今まで神戸の総合病院精神科で勤務していました。退院してから外来で出会う患者さんは病棟での様子とはまた違い、活き活きしておられた事に衝撃をうけました。また、ストレングスという思考に出会い、問題に焦点を当てるのではなく当事者の方が本来持っている「強み」に着目した支援の在り方に関心を持ちました。病棟での支援も大事ですが、次第に地域で生活する利用者さんのお手伝いをしたいと強く思うようになりました。やはり最初は運転も含めてとても不安ですが、スタッフは皆温かい雰囲気で相談指導してくれ、学ぶ機会を多く頂いています。「問題より可能性を、強制ではなく選択を、病気よりむしろ健康を見る」支援者でありたいと思っています。

    もっと読む

  • 枚方

    Sさん

    以前は役場で保健師として勤務していました。生きにくさや不安を持って生活されている方達との関わりがあり、住み慣れた在宅で少しでも過ごしやすく生活できるように、手助けができればいいなと思い、訪問看護ステーションであるアユースに入職させて頂きました。保健所として精神疾患を抱えている人達との関わりはありましたが、精神看護の経験はないので、今後学んでいかなければいけないことがたくさんありますが、先輩方から丁寧に教えて頂き、精神看護について学ばせてもらっています。今後は学んだことを活かし、関わっている方が少しでも夢や希望を持ち、楽しく日々の生活が送れるように一緒に考えていけるよう頑張っていきます。

    もっと読む

  • 枚方

    Aさん

    脳外、整形、内科外科混合病棟で勤務後、子育て中は夜勤のない在宅のケアマネで訪問に従事しました。在宅へ訪問し利用者さんと向き合う中、自分が目指していた「心に寄り添う看護」がここにあると感じ、一般訪問看護経験後、アユースに入職させていただきました。 毎日、利用者さんと向き合いながら楽しく訪問していますが、反面、心に寄り添う事の難しさを、日々、感じています。でも、そんな時は、スタッフが自分の事のように悩みながら一緒に考えてくれたり、気づかせてくれる事で次のステップに進むことができています。優しい利用者さんに励まされ、スタッフに助けてもらいながら、今後も、「地域でその人らしさ」が生かされる支援ができるよう成長して行きたいと思っています。

    もっと読む

  • 枚方

    Yさん

    一般病棟で3年経験し、アユースに入職しました。 病棟で忙しく慌しい日々を送る中、ゆっくり関わりその人がその人らしく生活 できる支援をして行きたいと感じ訪問看護へ転職しました。当初は、慣れない 環境で、戸惑うことも多いですが、先輩看護師の指導を受けながら、日々学び 深めて楽しく仕事が行えています。訪問看護は、病棟とは違い利用者様と関わ る時間が多くしっかり人間関係が築けること、対応も細やかなにできることに 魅力を感じています。利用者様と夢や希望を共有し、一歩づつでも前進したと 思えることを増やしながら、利用者様にとって信頼できる存在になれるように と心掛けて日々頑張っています。皆様よろしくお願い致します。

    もっと読む

  • 枚方

    Mさん

    医療事務の仕事に就いて10年程経過しました。 その中でも約8年精神科の病院の外来で勤務しました。周りに理解してもらいにくい病と向き合い、それでも前向きに治療している方々と接することで、勇気と元気をもらえました。 アユースに入職して一番感じたことは、グループ全体で利用者一人一人に合った看護とは何かを考え、情報交換や相談、報告などの話が常に飛び交っており、とても刺激をいただいています。 看護師の皆さんが看護に専念できるような事務的サポートをすることで、間接的に利用者の方々が安心してサービスを利用できるお手伝いが出来ればと思い、日々勉強していきたいと思います。宜しくお願い致します。

    もっと読む

  • 枚方

    Kさん

    アユースに入職するまではずっと病院で働いてきました。精神科経験もあり、一時期精神科を離れたのですが、訪問看護の関心が強くあり、家庭の環境の変化を機にアユースに入職しました。今までにない経験が多く、考え方や興味の持つ視点が今までに無い感触で、今は日々精一杯な毎日ですが、私にもやりがい、リカバリーを感じることのできる日が来るかなと思ったりしています。 枚方の雰囲気はとても良く、丁寧に、優しく教えてくださり、忙しい状況が起きても変わらず気に掛けて助けてくれ、「良い職場だなっ、ここだから働けるんだわ」と本当に思います。 訪問で大切にしている事は沢山ありますが、先入観を持たず、傾聴する事を大切にして、想いを寄せて貰えるよう関わっていこうと思っています。

    もっと読む

  • 枚方

    Hさん

    一般病棟、デイサービス、クリニックで勤務しておりました。デイサービス勤務中は、認知症ケアを深めたいと認知症ケア専門士取得しましたが、施設内でのケアは限られており、ご自宅でご本人や家族様の問題に寄り添った看護を行いたいと、アユースへ入職させていただきました。 スタッフの先輩方は、とても優しく、明るく、丁寧に指導して下さるので、毎日楽しく働かせて頂いてます。 利用者様ご家族様に、安心と寄り添いの看護が出来るように努めて参りたいと思います。

    もっと読む

  • 枚方

    Hさん

    これまで、内科病棟・精神科病棟・訪問看護で勤務してきました。学生時代の在宅(訪問)看護実習を通して、病気や障害があっても、住み慣れた地域や自宅で暮らし続けたい願う方々の支えになりたいと思うようになりました。できないことに目を向けるのではなく「できること」「強み」に目を向け、共に伴走する役割としてこれからもアユースらしい看護を提供していけたらいいなと思います。スタッフ皆が真剣に利用者さんの事を考え、本当に温かい職場だなと思いながら日々働いています。

    もっと読む

  • 森ノ宮

    Tさん

    アユースに入職する前は、認知症のご利用者様と多く関わってきました。その中で、その人らしく過ごしてもらうことや退院支援の大切さを学び、病棟でなく退院後の生活を支える訪問看護師に興味を持つようになりました。認知症の方との関わりはこれまでもありましたが、精神科看護も訪問看護も経験がなく、入職までは不安な気持ちもありました。しかし、アユースでは、研修や勉強会などもあり、先輩方も優しく指導してくださいます。先輩方のご指導のもと、「その人らしさ」に目を向け、ご利用者様に寄り添っていけるように、日々精進していきたいと思っています。よろしくお願いします。

    もっと読む

  • 森ノ宮

    Hさん

    これまでは一般病棟で4年間看護師をしてきました。認知症やうつ病を患ったご利用者様も入院されており、関わっていくにつれ精神看護に興味を抱きました。アユースを選んだきっかけはどの事業所よりご利用者様を始め、スタッフを大切にしているイメージや、多くのご利用者様へ看護を提供されていることから、専門的に学べると思ったからです。実際に入職して感じたのはスタッフ同士のコミュニケーションが取られており、訪問先で困ったり悩んだりしていることを相談し合い、共に解決していこうとしていることが印象的でした。これから自分も先輩方のように、ご利用者様との関わりを大切に寄り添える看護をしていきたいです。

    もっと読む

  • 森ノ宮

    Fさん

    私は一般病棟で5年経験を積み、その中で退院支援に携わったことから在宅医療に興味を持ちました。人と話すことが好きで、在宅の場では利用者様と1対1でお話しする時間を確保できることにも魅力を感じました。訪問看護師として約3年弱他の事業所で勤務した後、自身のスキルアップの為に、研修・勉強会が充実しているアユ ースに入職しました。温かく経験豊富なスタッフが多数在籍しており、また同性スタッフも多く頼もしく感じています。そんなスタッフと一緒に、利用者様の強みに焦点を当てながら、 個々のペースに合わせたリカバリーのお手伝いをさせて頂きたいと考えています。

    もっと読む

  • 森ノ宮

    Hさん

    整形外科、救急科、精神訪問看護、外科を経て2020年10月にアユース吹田に入職し、2023年9月 1日から、玉造のほうでお世話になっています。 病院では治療が中心で患者様とじっくり向き合う事ができずに葛藤がありました。その中で患者様とじっくり向き合いたい、心に寄り添った看護をしたいという思いが湧いてきました。アユースでは利用者様とじっくり向き合ってその人らしく生活ができるように援助して行きたいです。

    もっと読む

  • 森ノ宮

    Hさん

    看護学生の頃から精神科分野に興味があり、看護師免許を取得後精神科病院で勤務致しました。 何十年も入院している方や、精神状態が安定していても退院できない方もおり、なぜ退院できないのか、と疑問をもつようになりました。 どうすれば地域で暮らせるのか、を知りたく在宅看護に飛び込みました。 私が関わることで、その方にとって少しでも安心に繋がればと思います。

    もっと読む

  • 森ノ宮

    Sさん

    精神科病棟で8年勤務し、一般科病棟で8年勤務しました。その中で精神看護の重要性と在宅生活を希望する人の多さを感じ今回訪問看護を選ばせていただきました。今までは病院という整えられた環境下で看護に携わってきましたが、これからは在宅という環境下での支援に不安はありますが、先輩方の教えや支えを頂きながら勉強していきたいと思います。 利用者さんにとって必要な支援が何なのかを考え、少しでも長い時間を在宅で過ごして頂けるよう支援していきたいと思います。よろしくお願いします。

    もっと読む

  • 森ノ宮

    Nさん

    これまでは一般病棟、訪問看護の経験を経て、アユースに入職しました。精神疾患の利用者様と関わらせて頂き、一緒に目標をたて、その目標に向かって看護を提供させて頂いていましたが、つまづくことが多く本当に難しかったです。 そのためアユースでたくさん学び、利用者様に安心して色々お話しして頂ける看護師になりたいです。一生懸命頑張り、日々努力していきます。

    もっと読む

  • 森ノ宮

    Mさん

    認知症病棟と精神科急性期病棟の勤務を経験しました。統合失調症、気分障害などの患者様が急性期を脱し、回復後は退院となり社会の中へ戻っていかれます。良い状態を社会で維持できている患者様から、新しい学びを得たいと思い精神科の訪問看護に興味を持ちました。これからは生活の場にお邪魔させていただくため、今まで以上に自己決定を尊重し安心・安全と感じてもらえるように努めていきたいと思います。

    もっと読む

  • 森ノ宮

    Oさん

    手術室勤務の後、精神科訪問看護で二年間働きました。きっかけはコロナの影響を受けたことでしたが、利用者さんと関わるうちにリカバリーやストレングスという考え方がとても好きになりました。症状そのものや、それによって起こる問題の解決を急ごうとしてもなかなかうまくいきません。利用者さんが持つ、強みや希望を、一緒に見出していけたらと思っています。今ある行き詰まりや苦痛を少しでも解消し、その人らしくいきいきと生活するお手伝いができたらと考えています。よろしくお願いします。

    もっと読む

  • 森ノ宮

    Fさん

    前職では、葬祭業に携わり大切な方をなくされた遺族に寄り添いサポートする仕事をしておりました。 お葬儀が終わられた後も精神的に辛い思いをされている事やそれをそばで支える訪問看護という仕事があることを知り、 そういった方々のお力になりたいと思い入職致しました。 直接利用者様とお会いする機会はありませんが、看護師さんの利用者様に対する想いや寄り添う心に感銘を受けています。 私も微力ではありますが、事務職としてお役に立てられるよう日々努力して参りたいと思います。 どうぞよろしくお願い致します。

    もっと読む

  • 森ノ宮

    Hさん

    以前は精神科病棟や一般内科病棟で勤務しておりましたが、この度ご縁があり、アユースに入職させて頂きました。 病棟ではバタバタと駆け回る日々で、患者様とゆっくり関わる時間を作ることが難しく、利用者様とじっくり関わることができる訪問看護を選びました。 職場の雰囲気は和気藹々としており、先輩方も優しく指導して下さり、楽しく働いています。 今までの経験を活かし、利用者様の〝なりたい自分”に近づくことができるよう精一杯サポートさせて頂き、私自身も成長していきたいと思います。

    もっと読む

  • 森ノ宮

    Nさん

    精神科病院に10年間勤務していました。病院では長期入院されている方々がほとんどで退院される方は少なかったです。中でも再入院され毎回入院される方もいて、顔馴染みの患者様もいました。日々患者様と関わる中でどのような環境で生活していたかを知りたいとの思いがずっとありました。在宅の経験はないので不安でいっぱいですが利用者に寄り添い必要とされる看護師を目指して頑張りたいです。

    もっと読む

  • 吹田

    Sさん

    前職では、手術室・循環器内科・整形外科・精神科病棟etcに携わり精神科訪問看護は計6年ほどとなり、この度アユースでお世話になることになりました。アユースの使命である『リカバリーのプロセスを支え、勇気づけ、それに寄り添うこと』、精神科訪問看護における自身の看護観と同じで驚きと共に感銘を受けました。生きることに意味を見出すことは難しいことですが、それを支え応援し、上手くいかなかった時には共に考え、自身も含め成長していけるそんな場に身を置けることを嬉しく思います。今持てる、知識、スキル、経験に慢心することなくご利用者様、アユースに少しでもお力になれるよう更なるレベルアップを目指し努力して参ります。

    もっと読む

  • 吹田

    Mさん

    7年間病棟勤務をしていました。配属先の病棟では難病の方や呼吸器装着患者さんの対応を主にさせて頂いておりました。合併症を持っている方も少なくはなかったので多くの疾患を学ばせて頂きました。まだまだわからないことは多かったのですが5年以上勤務した時には多少なりとも自信が身につき勤務させて頂いてました。しかし、その中で精神科に対しては自分は何の知識もなく精神科での患者さんにも上手く対応出来ないだろうと感じ始めていました。そこで思い切って精神科に特化した分野で自分の苦手分野を克服したいと思い入職を志しました。入職後も優しいスタッフに囲まれ日々やりがいを持って楽しく働くことが出来ています。

    もっと読む

  • 吹田

    Sさん

    これまで外科病棟・内科外来を経た後に、市の健康管理支援員、地域包括支援センターで勤務し、介護保険を始め地域の総合相談業務に従事してきました。相談を受ける中で、疾患があっても、住み慣れた地域でその人らしく生きていくために、看護師として力になれたら…という思いが強くなり、アユースに入職させていただきました。この思いはいつまでも忘れずにいたいと思っています。

    もっと読む

  • 吹田

    Tさん

    私は今まで、クリニックで医療事務、病院で受付の仕事をして来ました。訪問看護に興味を持ったのは、私が病院の小児科の受付をしていた時です。在宅看護を受けられている子供さんの家族にとって、看護師という存在が本当に支えになっていることがわかりました。先生には言えない、何気ない日常のことや、たわいもない会話で家族の方が支えられている姿を見て、看護師の素晴らしさ、それを専門でしている訪問看護に興味を持ち、自身も何か力添え出来ればと思い今ここに居ます。分からない事も多いですが、日々勉強していきたいです。

    もっと読む

  • 吹田

    Iさん

    2020年4月に入職しました。循環器、一般病棟、外来、特養に従事する過程の中で在宅看護の中に看護の原点がある事を感じ、訪問看護にたどりつきました。患者ではなく、1人の生活者としての視点で対象を見ることが大事だと感じています。日々先輩方や利用者様から多く学ばせて頂いており、今まで培ってきたものを、微力ながら地域で貢献出来るように精進していきたいと思います。

    もっと読む

  • 吹田

    Yさん

    今まで看護師として、手術室、療養型病院、精神科病院、精神科訪問看護の経験をしました。その中で、1人の方と関わる時間が取れ、共に考え、支えていく事ができる精神科訪問看護をすると決めました。職場選択のポイントは、社会に必要な活動と、有効な専門性と考えました。そこで、利用者様の為に、リカバリーを考えた支援をしているアユースを見つけ志望しました。今までの経験も活かし、専門性の高い看護を目指していきます。

    もっと読む

  • 吹田

    Kさん

    私は30代後半で看護師 になるまで悩み紆余曲折してきた経験も精神科訪問看護の分野では強みにできると知って以降、この分野で仕事をしてきました。 アユースグループの雰囲気は、毎日先輩方が私に困ってる事がないか声かけをしてくれたり、相談時に足りない情報があっても共に考える姿勢で聞いてくれたり、皆が自然に労りの気持ちや感謝の気持ちを言葉にして伝えあっていたりと、ステーション内で話しやすく安心感が持てるので、外に出ても、気持ちに余裕を持ち利用者様に向き合えると実感しています。これからも、利用者様が辿ってきた人生に思いを馳せ、その方が大切にしてきた事を教えていただきながら、言葉で上手く表現できない経験と希望への過程を共に紐解く経験を積み重ねていきたいと考えています。

    もっと読む

  • 吹田

    Uさん

    長らく大学で医療に関する研究に携わり、研究=未来を見てサポートしてきましたが、現場=今を支える環境にも以前から興味がありました。現場をより身近に感じ、縁の下の力持ちになれたらと思い、入職しました。 総務員同士切磋琢磨しあい、勉強会やカンファレンスにも参加させていただきながら、刺激を受けるています。アユースは看護師さん・総務員ともに、常にチームで動いているなと感じます。だからこそ、看護師さんの利用者さんへ「寄り添う」思いを全力でサポートしていきたいと思います。

    もっと読む

  • 吹田

    Aさん

     一般急性病院の病棟で10年、1人目の子供の出産を機にパート勤務に切り替え、子育てと両立しながら一般病棟でで勤務していましたが自身も余裕のない中でバタバタとした急性期病棟ではなく患者さん1人1人とゆっくり関わりたい思いが強くなり一般病棟と一般の訪問看護のダブルワークをしていました。以前勤務していた訪問看護で地域で過ごされながら生きづらさや不安を抱えながらも頑張られている利用者様の姿を見てもっと専門的に精神訪問看護を学び利用者様の力になりたいと考え、アユースに入職致しました。アユースの先輩方は皆さんとても優しく声かけしてくださり、質問や相談がとてもしやすい職場です。私自身も学びを深めご利用様の力になれるように頑張っていきたいと思います。

    もっと読む

  • 吹田

    Sさん

    私は 10 年間急性期病院で勤務してきました。 忙しい毎日で患者さんと関われる時間が短く、もっと患者さんと関わりながら看護がしたい、転職するなら新たな分野でと思い訪問看護を選びました。 職場の雰囲気はとても良く、先輩方も優しく教えてくれます。 精神科は初めてですが、病気と上手く付き合いながら地域で生活されている利用者さんと関わりながら一緒に困難な事を乗り越えるお手伝いができ、やりがいのある仕事です。

    もっと読む

  • 吹田

    Hさん

    看護師を目指してから早くも20年以上が経過しました。初めて医療界に携わったときは右も左もわからないまま産婦人科病棟でお世話になりました。その後は心臓専門の集中治療室や一般内科、特別養護老人ホーム、精神科病棟などを経て現在ここアユースでお世話になっています。最初は緊張して自分自身大きなぬいぐるみにでも入っていた気分でしたが、今は自分らしさを大切に日々を過ごすことが出来ているように思います。「自分らしく生きる」そんな思いが利用者さんにも伝わればいいなと思います。

    もっと読む

  • 吹田

    Yさん

    これまで、内科病棟、緩和ケア病棟で勤務後、訪問看護を10年続けてきました。在宅で、精神障がいや、様々な生きづらさを抱え、思うように生きられない方々に関わる中で、精神科看護をしっかり学びたい、という思いから入職させていただきました。アユースの先輩方はとても丁寧に指導してくださり、スタッフが働きやすい環境を日々考えてくださっている職場です。地域で生活される方々が、その人らしく生きられるための一助となれるよう、 日々、学びの更新を続けていきたいと思います。

    もっと読む

  • 吹田

    Mさん

    私はこれまで、老人ホームでの事務等を経験し、在宅介護で心が疲れてしまった方を沢山お見かけしてきました。私自身もその一人で、持病のある母親の介護をする中で精神的に疲れてしまった時期があり、何か支援はないかと調べていた時に精神科訪問看護というものがあると知りました。 その時からずっと精神科訪問看護のお仕事に興味があり、機会があれば働きたいと思い調べていた時にアユースのホームページを拝見し、経営理念やスタッフの生き生きと働かれている姿を目にし、私も一緒に働きたい!訪問看護に携わりたい!と思い今に至ります。 以前の職場では事務職は1人だった事もあり、急なお休みや学校行事等の調整が難しかったのですが、アユースは事業所内の助け合いはもちろん、事務職は他事業所との連携もかなりしっかりしていて、お互いに助け合える環境が整えられており、とても安心して働くことができています。 職場の雰囲気も和気あいあいとしており、皆さん気にかけて声をかけてくれるので働きやすい環境です。 訪問に入る事はできませんが、一人でも多くの方が精神科訪問看護を利用し、病院ではなく社会生活を送れるように陰ながらサポートしていければと思っています。

    もっと読む

  • 吹田

    Kさん

    これまで一般病棟、特養施設、デイサービス、訪問看護と幅広い目線から在宅に過ごす利用 
者様の生活背景を見てきました。その中でも精神疾患については無知であり、関わる事があ 
ってもしっかり寄り添う事ができなく、悔しい思いがありアユースで学びたいと思い入職しました。アユースで日々学ぶことがばかりで先輩看護師たちの利用者に接する 姿勢、スッタフ間の雰囲気作り、フォローし合える環境である事が、頑張る活力になっています。先輩看護師に追いつけるよう日々、学びを深めていきます。

    もっと読む

  • 緑地公園

    Yさん

    神戸の病院で循環器病棟の看護師として働いていました。働いている中で退院後、ご利用者様が地域でどのような生活をされているかの実際を知りたいと思い、訪問看護師を選択しました。また、光愛会アユースでは精神疾患に特化しており、男性看護師も多く活躍していると知ったため、今後の自分のキャリアプラン、社会状況変化を考えたうえ、光愛会の基本理念に共感し、入職しました。病院、事業所共に温かい雰囲気が流れています。入院生活も重要ではありますが、退院後の生活はその人の人生において、さらに重要であると私は考えているので、より良い生活の手助けができるようご利用者様と関わらせていただきたいと思っております。

    もっと読む

  • 緑地公園

    Nさん

    これまで一般病院で5年間勤務をしておりました。長期的に在宅でのご利用者様一人ひとりと関わり、自立に向けて支えていくことができたらとの思いがあり、精神科訪問看護の分野に挑戦することになりました。精神科、訪問看護ともにまったく経験がなく一からのスタートとなりますが、職場の雰囲気はとても和やかで、スタッフの皆様にも気軽に相談でき、アドバイスを受けられる環境です。まだまだ訪問看護師としての理想や具体的なイメージを描くことはできておりませんが、ご利用者様が夢や希望に向かって歩まれる中でサポートできるよう、経験を積んでいきたいと考えています。よろしくお願いします。

    もっと読む

  • 緑地公園

    Iさん

    アユースに復職後、バタバタと毎日があっという間に過ぎていきます。改めて思うことは、やっぱり訪問看護に携わることができてありがたいなと いうことです。また、利用者様宅までの移動中には、街の移ろいや暑さ寒さを感じながら…これも訪問看護の魅力ではないかなと感じています。 他にも魅力はたくさんありますが(笑) そして、子育て真っ最中の私には子育て中のスタッフも多く、急なお休みにも理解があることには感謝です。 こらからも、利用者様をお支えできるよう、笑顔での訪問を続けていきたいと思います。よろしくお願い致します。

    もっと読む

  • 緑地公園

    Uさん

    はじめまして。2019年8月に入職したU と申します。今までは、消化器内科、神経内科、回復期、訪問看護の分野で看護をしてきました。精神科は興味がありながらも機会がなく、経験がない状況でした。精神科に特化した訪問看護に触れて特に感じた事は、自分という人間を通し、利用者さんの強みに目を向け、利用者さんの喜びや辛さ、悩みに寄り添い、利用者さんがご本人らしく地域で生活できるサポートをさせて貰う事の大切さと難しさです。難しい事ではありますけれど、そこに喜びや、やりがいもあると思ってもいます。利用者さんや、先輩、上司、スタッフ、地域の方々に支えてもらいながら看護させて貰っていることに感謝しながら、日々頑張っていきたいと思っています。今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

    もっと読む

  • 緑地公園

    Sさん

    整形外科、内科病棟の経験を経て在宅看護に興味を持ち訪問看護の世界へやってきました。 アユースに来る前は一般疾患と精神疾患の両方を対応する訪問看護事業所におり、精神疾患のある利用者さまの援助をさせていただくうちに、もっと専門的に勉強したいと思いアユース訪問看護に入職しました。 病棟で勤務しているころ、何度も再入院を繰り返す患者さまをみたことがあります。その時に、在宅でいかに過ごすのかがとても大切なのではないかとひしひしと感じていました。訪問看護に携わるようになってからも、その気持ちに変わりはありません。 先輩方たちのお力をかりながら、ご利用者さま1人1人の望む生活の在り方を一緒に考えて、支援させて頂きたいと思っています。

    もっと読む

  • 緑地公園

    Fさん

    2020年4月に入職したFと申します。以前は精神科療養病棟・認知症専門病棟で勤務していました。療養病棟で勤務しているときに退院支援について関わっていく中で、退院後の在宅支援について興味が沸き、アユースへ入職しました。訪問看護の分野が初めてで、不安もいっぱいありましたが、先輩方の優しい指導のもと、日々勉強に励み、楽しく働いています。1人1人の利用者さんと関わっていき、その人らしい生活ができるよう・その生活を維持できるようにサポートをしていきたいと思っています。よろしくお願い致します。

    もっと読む

  • 緑地公園

    Tさん

    医療事務の仕事は初めてではありますが、誰かのサポートになる仕事に就きたいという思いで、アユースに入職しました。 直接利用者様とお会いする機会はありませんが、研修や勉強会、朝のカンファレンスなどに参加する機会もあり、看護師さんの利用者様への寄り添う気持ちがとてもよく伝わってきます。その思いを共有し、事務職として、少しでも力になれるよう日々努めて参りたいと思っております。どうぞよろしくお願い致します。

    もっと読む

  • 緑地公園

    Sさん

    はじめまして。 2021年2月に入職しました、看護師のSと申します。 一般病棟と精神科病棟で経験を積んできました。 以前から在宅看護に興味があり、ご縁があってアユース緑地公園に入職でき嬉しく思っています。 新たな分野である在宅看護を通して自身の看護観を深め、 人と人との関わりを大切にしながら利用者さんの力になれるように努力していきたいと思います。 休日はドラマを観たり美味しいものを食べたりりして、まったりと過ごしています。 よろしくお願いします。

    もっと読む

  • 緑地公園

    Tさん

    2021年4月に入職しましたTと申します。 これまでに精神科慢性期、回復リハビリ期、 脳外科、訪問看護の分野で看護をして参りました。 中でも訪問看護は学生からの念願であり、地域で 暮らす方々の支えになる事は大変やりがいを感じております。 アユースは精神科に特化したステーションであり もっと地域で暮らす精神障害を持った方々の力に なりたいと思い、入職しました。 アユースが目指す利用者のリカバリーである「利用者が希望を持てる事、自己決定を支えそこに寄り添う支援、社会の中で目的、役割を持って生活出来る事」に魅力を感じました。 日々の訪問の中で利用者の強みに目を向け、心に 寄り添い、ご本人らしく地域で生活が出来る事、 社会の中で目的、役割を持って生活が出来る事を サポートさせて頂く事の難しさと大切さを感じて おります。 リカバリーに向けて一緒に頑張りたいと思っております。今後とも宜しくお願い致します。

    もっと読む

  • 緑地公園

    Yさん

    消化器内科や外科、神経内科、泌尿器科、整形外科を経験した後、平成24年頃から精神科で働き始めました。 亜急性病棟で勤務しながら退院後の患者様がどのように生活され、どのような 支援を受けておられるのか、興味を 持った事が訪問看護に携わろうと思ったきっかけです。 今回、ご縁があってアユースに入職し、「リカバリーのプロセスを支え、勇希 づけ、それに寄り添う事」の使命を 胸に、毎日楽しく訪問させて貰っています。 スタッフはみんな優しく、支えられている事を実感しています。 今後も利用者様のリカバリーをサポート出来るよう、日々精進して参ります。

    もっと読む

  • 緑地公園

    Iさん

    以前までは脳外科の集中治療室で勤務しておりました。 急性期では生命の危機状態に陥っている患者様のケアを行い、回復過程を身近で実感できることにやりがいを感じていました。 しかし、急な病気により今まで通りの生活が出来なくなることも余儀なくされ、患者様やご家族はその事実を受け入れられず心が不安定となります。 そのためメンタルサポートがとても重要だと日々感じるようになり精神科看護への興味が強くなりました。 しっかりと一人ひとりの心に寄り添い、その人らしく安心して地域生活を送るためのサポートをする働き方をしたいと思い、この度アユースに入職致しました。 手厚い教育体制やスタッフの皆さんが明るく優しい方ばかりで相談もしやすく安心して働くことができています。 困ったことがあれば1人で抱え込まずチームに相談しながら日々勉強に励み、利用者様一人ひとりのお気持ちを大事に丁寧に関わりたいと思っています。どうぞよろしくお願い致します。

    もっと読む

PAGETOP

〒569-0818大阪府高槻市桜ケ丘南町23-5 桜ケ丘医療ビル2階

事業所・アクセス

医療法人光愛会におけるソーシャル
メディア利用のガイドライン

©訪問看護ステーション アユース

24時間365日対応可能

  • 訪問看護ステーション
    アユース高槻
    072-695-7910
  • 訪問看護ステーション
    アユース枚方
    072-807-7682
  • 訪問看護ステーション
    アユース森ノ宮
    06-4303-3251
  • 訪問看護ステーション
    アユース吹田
    06-6317-7878
  • 訪問看護ステーション
    アユース緑地公園
    06-6339-7707

大阪の、うつ病・認知症などの精神科訪問看護は訪問看護経験が豊富なスタッフが多数在籍するアユースにご相談ください。

©訪問看護ステーション アユース